お知らせ

日本種苗新聞に弊社の記事が掲載されました。

令和2年3月1日発行の日本種苗新聞にて、弊社の地域活性化事業第一弾 環境測定IoTサービス『てのひらハウス』の紹介記事が掲載されました。
日本種苗新聞は種苗業界の業界紙として昭和24年に創刊され、全国唯一の業界紙として認知されています。

弊社では引き続き、省力化や収量の底上げ、継承のしやすさに繋がる、未来の農業を明るく照らすサービスを開発し続けてまいります。

てのひらハウス
https://tenohira-house.net/

IoTで作物を栽培

一覧へ戻る

ページトップへ戻る