ニュースリリース

【調査事例】モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年11月度)

17歳~69歳の男女1,100名に対し、モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査を実施しました。※

※ジャストシステムの独自調査結果

調査結果
約3割が「情報銀行」を認知

2019年から本格的にスタートされた、個人の行動履歴や購買履歴といった情報を預託し、ポリシーを守りつつ運用し、そこから得られた便益をユーザーに返す新たなプラットフォーム「情報銀行(情報利用信用銀行)」の認知度を調査しました。 7.2% が「利用(登録)している」、5.8%が「利用していないが、他の人に説明できるくらい知っている」、18.5%が「利用していないし、他の人に説明できるほどではないが知っている」ということが分りました。

約3割が「情報銀行」を認知

情報銀行に約4割が「抵抗感」

「情報銀行」へ自身の個人情報を提供することに対して抵抗感を調査したところ、9.0%が「全く抵抗感がない」、23.0%が「あまり抵抗感がない」、24.8%が「どちらともいえない」、25.2%が「やや抵抗感がある」、18.0%が「かなり抵抗感がある」となり、約4割近い人が抵抗感を感じていることが分りました。

情報銀行に約4割が「抵抗感」

7割以上がスマートフォンで「ネット証券系サービス」を利用

スマートフォンで利用している金融取引サービスのジャンルを調査したところ、75.8%が「ネット証券系サービス(楽天証券、SBI証券など)を利用していました。次いで、19.3%が「非ネット証券系サービス(One Tap BUYなど)、18.6%が「おつり投資系サービス(トラノコ、マメタスなど)」を利用していまいた。

7割以上がスマートフォンで「ネット証券系サービス」を利用

※ジャストシステムの独自調査結果

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクス

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクスはこちら

リサーチアナリティクスは、ネットリサーチ(市場調査)の経験がなくても、弊社のトータルサポートを通じて、安心して始められるサービスです。
全国約100万人のモニターに向けて行うインターネット調査、全国約70万人のモニターから対象者を絞って行うインタビュー調査など、さまざまな調査方法でお客様にニーズにお応えしています。

市場調査についてのお問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ戻る